旅やトラベル・地域情報・宿泊に関する日用雑貨や通販の情報ブログ

■マイレージの上手なため方

  • HOME »
  • ■マイレージの上手なため方

マイレージとは、旅行などで飛行機を利用した場合などに、その飛行距離に応じてマイルを貯めることができます。正式名称はFFP(Frequent Flyers Program)といいます。
1マイルは1609.3m(約1.6km)です。東京=ニューヨークは6,737マイル、東京=ロンドンは6,220マイル、東京=香港は1,822マイル、東京=大阪は276マイルです。

マイルはどうやって貯めるのですか?飛行機の利用はもちろん、食事やショッピングでも貯められるところもありますし、クレジットカードのご利用でマイルが貯まるサービスもあります。各航空会社でマイルの加算方法は異なります。あらかじめ予約時に航空会社に伝えるか、搭乗手続きの際にマイレージカードの番号を伝えると、マイレージが貯められます。事後登録も一定期間は可能です。

スーツケースは自宅から預けて、到着空港で受け取っています。駅などの階段も楽な上に、マイルもたまるので、いつも利用しています。
重い荷物は預けて身軽にためる

インターネットまたは電話でご予約いただくだけで、日本国内のご指定の場所へお伺いし、お得な料金でお手荷物を空港までお運びします。さらにJAL手ぶらサービスをご利用いただくとご自宅でお預けになった手荷物がダイレクトに海外の到着空港へ。 身軽に旅行が楽しめてマイルもたまります。

達人のひとことアドバイス

マイルパートナーにはさらにこんなサービスも

荷物の宅配だけでなく、携帯電話のレンタルサービス、コート預かりなどJALのマイルパートナーにはさまざまなサービスがあります。マイルもたまり、旅もさらに快適に。
お役立ちリンク

旅でマイルをためる
マイルパートナー
JAL手ぶらサービス

格安航空券やパッケージツアーでもマイルを貯めることはでます。但し団体航空券の一部では、加算されないケースもあります。利用する航空会社で確認できます。
無料航空券や購入した航空券より1つ上のクラス(エコノミークラス→ビジネスクラス、ビジネスクラス→ファーストクラス)が利用できるアップグレード特典などと引き換えすることができます。また一部航空会社では、電子マネーや旅行グッズや産地直送ギフトなどとの交換もできるマイレージプログラムもあります。

フライトで
30代 自営業 JALカードのお支払いで16,344マイル獲得

出張で、あっという間にマイルがたまっていました。今は、JALカードへ入会し、搭乗ごとのボーナスマイルもあわせてためています。
飛行機のご搭乗でためる

ご搭乗の距離と航空券の運賃に応じてマイルがたまるのがフライトマイル。提携航空会社のご搭乗でもマイルがたまります。さらにJALカード会員ならボーナスマイルがプレゼント。さらにマイルがたまります。
たくさん乗ればマイルだけでなく、FLY ONポイントも

ご搭乗の実績がFLY ONポイントとして積算されます。
マイルUPボーナス、クラス J引換券、ラウンジクーポンなどさまざまな特典があります。

ご搭乗の多いお客さまへ

貯めたマイルの有効期限は1年から無期限まで、ご利用先によって異なります。期限内にマイレージの利用があった場合に期限を延長してくれるマイレージプログラムもあります。過去記事「マイルの有効期限は大丈夫?」に詳しく書いてあります。

Q:
現在何マイル貯まっているのか、ホームページ、電話、ファックスなどで確認できます。
特にマイレージ利用に際しての費用はかかりません。
マイルの積算は個人単位となるので、家族みんなで1枚のカードを使うことはできません。ただし、貯まったマイルで無料航空券に交換する場合には、家族が使うことも可能です。ユナイテッド航空やノースウエスト航空をはじめ、航空会社によっては、マイレージ会員本人が無料航空券の予約を行えば、第三者に譲渡することもできます。

旅行先で贅沢にレストランで食事をしたらマイルがたまりました。レストランでもマイルがたまるなんてとても嬉しいです。
旅行先のお食事でためる

JMBのレストランマイルの加盟店でもマイルがたまります。加盟店は全国にあるので、旅行先だけでなく、普段のお食事でもマイルがたまって、とってもおトクです。
日本で多く利用されているマイレージプログラムは以下の4つのプログラムです。
■日本航空(JAL)「マイレージバンク」
■全日空(ANA)「マイレージクラブ」
■ユナイテッド航空(UA)「マイレージ・プラス」
■ノースウエスト航空(NW)「ワールドパークス」
主要航空会社マイレージ詳細比較
提携航空会社、加算率にも注意が必要
各航空会社のマイレージプログラムは、自社便の利用はもちろん、提携航空会社のフライトの利用でもマイルが貯められます。主なマイレージプログラムの提携航空会社とマイレージ加算率は以下の通りです。
■日本航空(JAL)「マイレージバンク」の主な提携航空会社
アメリカン航空、エールフランス航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、キャセイパシフィック航空、エミレーツ航空など
JAL「マイレージバンク」提携航空会社とマイレージ加算率一覧
■全日空(ANA)「マイレージクラブ」の主な提携航空会社
ユナイテッド航空、ルフトハンザドイツ航空、シンガポール航空、ヴァージンアトランティック航空、マレーシア航空など
ANA「マイレージクラブ」提携航空会社とマイレージ加算率一覧
■ユナイテッド航空(UA)「マイレージ・プラス」の主な提携航空会社
ANA、ルフトハンザドイツ航空、シンガポール航空、エミレーツ航空、中国国際航空など
UA「マイレージ・プラス」提携航空会社とマイレージ加算率一覧
■ノースウエスト航空(NW)「ワールドパークス」の主な提携航空会社
コンチネンタル航空、アリタリア航空、エールフランス航空、KLMオランダ航空、ガルーダ・インドネシア航空など
NW「ワールドパークス」提携航空会社とマイレージ加算率一覧
ANAとユナイテッド航空は、相互にマイレージの提携を行ってます。ユナイテッド航空の格安航空券を利用した場合、UA「マイレージ・プラス」に積算すると、基本マイルの100%加算ですが、ANA「マイレージクラブ」に積算すると50%しか加算されません。逆に、ANAの国内線を利用する場合など、ANA「マイレージクラブ」会員のみが利用できるキャンペーンも多くあるので、利用状況に応じて適切なプログラム選びが必要です。頻繁に利用する人は、加算率をはじめ、キャンペーンやボーナスマイルに応じて、2枚を使い分けるのが効率よくマイルを貯めるコツです。たまにしか飛行機を利用しない人は1枚に集約した方が、特典航空券(無料航空券)獲得への近道です。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.