旅やトラベル・地域情報・宿泊に関する日用雑貨や通販の情報ブログ

トップページ

  • HOME »
  • トップページ

世界遺産の街 ・日光歴史の街二社一寺以外でも1日歩いても足りない。その昔から、日光は避暑地として、また二社一寺(日光東照宮日光輪王寺日光二荒神社)の門前町でもある。
東照宮などをだけでも一日はゆうにかかるが、その北側に瀧尾神社への修験者修行の古い石畳の「瀧尾古道」がある。
どの季節に訪れても思い出の残るポイントである。
白糸の滝から奥に行くと、霧降高原に続く「霧降遊歩道」さらに雲竜渓谷への入り口となる。「神橋」は長い修繕を終え公開されました。

 

憾満ヶ淵
神僑前の交差点から奥日光万面に同かうと国道は119号から120号となり、左に大谷川が見える。すぐに国道から川に沿って左方に分かれる車道があり、ここを進めば憾満ヶ淵(含満ヶ淵)へと案内してくれる。憾満ヶ淵の入口にも駐車場は備えられ、先に歩道が整えられている。
それだけでは往復しても30分弱と、少し物足りない.そこで、名刹・浄光寺を組み合わせると手ごろな歩行となる。もちろん、スタートは浄光寺。境内には のちに記す並び地蔵の親地蔵の首、日光最古の石仏といわれる導き地蔵尊、日を限って願いごとをする日限り地蔵尊など、さまざまな歴史文化財が残る。
駐車することを依頼したら南に向かう。すぐに大谷川の川音が聞こえ、橘がかかっている。憾満橋だ。そのまま歩けば、まもなく憾満ヶ淵駐車場に着く。駐車場の南端に歩逼人口があリ、ほしのは左右に林やストーンパークを見る。
駐車することを依頼したら南に向かう。すぐに大谷川の川音が聞こえ、橘がかかっている。憾満橋だ。そのまま歩けば、まもなく憾満ヶ淵駐車場に着く。駐車場の南端に歩逼人口があリ、ほしのは左右に林やストーンパークを見る。
このあたりは春になるとヤマブキや桜が咲き競い、意外な一面を見せている。ほどなく慈雲寺山門。くぐると白壁の本堂が建つ。寺は江戸初期に創建されたが、明治の洪水で流され、現在は昭和46年に復元された本堂のみとなってしまった。
その先が憾満ヶ淵だ。激しい大谷川の流れが、かつて噴出した男体山の溶岩を削り小渓谷をデザインした。
前には霊庇閣が建ち、休息をとれる。さらに並び地蔵。行きと帰りで数を数えると合わないことから化地蔵とも呼ばれる。その先が憾満ヶ淵だ。激しい大谷川の流れが、かつて噴出した男体山の溶岩を削り小渓谷をデザインした。
前には霊庇閣が建ち、休息をとれる。さらに並び地蔵。行きと帰りで数を数えると合わないことから化地蔵とも呼ばれる。
昔は100体ほどあったそうだが、やはり明治の洪水で」部が流され、現在は70体ほど。それでも整然と並ぶ地蔵群は来訪者を圧倒する。なお、この先に歩道はない。風景を楽しみながらゆっくりと往復しよう。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.