旅やトラベル・地域情報・宿泊に関する日用雑貨や通販の情報ブログ

滝尾古道

  • HOME »
  • 滝尾古道

滝尾古道
東照宮社務所が建ち、横の車道に「史跡探勝路」と書かれた道標が立っている。このあたりからすでに人も少なく、それまでのにぎわいがうそのようだ。ここから北に向かうと、左手には香車堂、開山堂が建ち、その裏手に仏岩がある。香車堂では、直進しかできない香車の駒に安産を託すそうだ。
また開山堂には日光山を開いた勝道上人の霊がまつられ、裏手の墓所に五輪塔が建てられている 石畳とはいえ石間の溝がけっこう深いので、捻挫には注意し たい。が、歩道そのものは情緒感あふれ、気分はまさに“旅人”である。菅原道真をまつる北野神社を拝し、神馬の碑を見たら、大小べんきんぜいの碑が現れ る。
これは神域での不浄を禁じた碑である。そのまま直進すると白糸の滝が流れ落ち、その上部に瀧尾神社への石段が続く。折り返し点となる瀧尾神社は、かの弘法 大師空海の創建と伝わる。境内には影向石、縁結びのササ、子種石、運試しの鳥居、酒の泉など興味をひかれるものが多い。だが訪れる観光客は少なく、むしろ その静寂が感動的ですらある。なお、この道は明治初年まで修験道でもあった。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.